SHIINBLOG

日韓夫婦のきままな海外暮らし

ベルリン→ミュンヘン 現在は韓国ソウルで生活中。海外生活の日常を綴っています。

How to 海外生活 第1弾 ベルリン生活をオススメする理由

最近自分のブログを見返すことがあり、気づいたことがあります。

私は他の人よりも少し破天荒な人生を歩んでいるのではないか!?

と笑

ここ数年でおそらく簡単には経験しえないことをしたと思うし

今現在でもこうやって何故か海外の企業で働いて、韓国人の奥さんがいて、二重国籍の娘がいて。。。

もしかしたら同じような境遇の人がいるかもしれない!

 

もっと発信するべき有益な情報があるのでは!?

 

という考えに至ったのです。笑

 

 

ということで

自分の引き出しに閉まったままの役に立つか分からない情報を数回に分けて投稿したいと思います^^

 

第1弾はこのブログをはじめるキッカケにもなったベルリンに関してです。

 

なぜベルリン生活がオススメなのか

1.ベルリンは物価が安い

以前私のブログで紹介したことがあるのですが

ベルリンの街自体が東西に分断されていた歴史があり統合から26年経った今なお、その名残があります。

f:id:komeitanaka2207:20161230133252j:image

ベルリンの壁

 

旧西ベルリンはアメリカ、イギリス、フランスの資本主義国家が統治していたことから戦後復興が早く、外国資本の流入も盛んで経済成長も著しかった地域です。

f:id:komeitanaka2207:20161230133340j:image

東西の検問所だった「チェックポイントチャーリー」

 

逆に旧東ベルリンはソ連が統治していたこともあり、街並みも経済も共産国家モデルでした。

その結果東西で大きな経済格差が生まれたのです。

 

現在のベルリンは少しづつその格差を埋めようと再開発が進んでいますが

このような歴史背景から他のヨーロッパの大都市に比べて比較的物価が安くなっているのです。

ただ特に物価が安かった旧東地域は近年カルチャーの中心地となっているために上昇傾向で東西の格差はそれほど感じなくなってきています。

それでも大都市のパリやロンドンなどと比べると家賃は格段に安いです。

一般的なワンルームですと月500€で借りれます。

地域にもよりますがパリ、ロンドンだと最低でもその1.5倍は必要となってくるのではないでしょうか。

 

2.ベルリンは人種のるつぼだから自分らしくいられる

以外にもベルリンには世界各地からの移民が多いのです。

一番多いのはトルコ系の方ですが、私が働いていたカフェではスウェーデンアイスランド、ガーナ、アメリカといった感じで、ここがドイツだってことを忘れてしまうほどです。

日本人は他のドイツの大都市に比べると少ないかもしれませんが、お隣中国や韓国、東南アジア系も多いです。

欧米に行くと目立つアジア人ですがベルリンでは変な目で見られないし、差別もありません(私は一切なかったです)

そして日本よりも体感的に緩やかな時間が過ぎているので、人の目を気にすることなく自分のペースでやりたいことができる街だと思います。

 

3.ベルリンはヨーロッパのカルチャー発信地なので飽きることがない

ベルリンの街を歩いているとバーやクラブをたくさん見かけます。

私は行ってから初めて知ったのですがベルリンはアムステルダムと並んでクラブミュージックがとても盛んな街だそうです。

私の場合妻と二人で移り住んだのでクラブには一度しか行ってませんが、クラブ目当てで来る観光客もたくさんいます。一番有名なのは「ベルクハイン」です。

クラブの他にもおしゃれなバーやカフェなども無数にあります。

f:id:komeitanaka2207:20161230133508j:image

カフェはどこも腕がいいです!

 

また物価が安いということもあって駆け出しのアーティストが多く住んでいるのもベルリンの街を彩る要素のひとつです。

f:id:komeitanaka2207:20161230133557j:image

ミュージシャンも多いです

 

f:id:komeitanaka2207:20161230133642j:image

イーストサイドギャラリー」

 

イーストサイドギャラリーのような作品が街のいたるところにあって、見て歩くだけでも楽しいです。

 

4.大自然に囲まれた大都市ベルリン

ベルリンの街から電車で20分ほど行けば平野のすばらしい自然に出会えることが出来ます。

テーゲル湖なども近くにあってレジャースポットが点在しています。

ベルリンは北東ドイツにぽつんとある大都市です。他の都市とのアクセスが悪いというデメリットはありますが、ヨーロッパの牧歌的な風景を楽しめます。

f:id:komeitanaka2207:20161230133746j:image

日本ではなかなか出会えない風景です

 

市内には広大な「ティアーガルテン」という公園があり、休日になると家族連れでにぎわいます。

f:id:komeitanaka2207:20161230133815j:image

「ティアーガルテン

 

人口300万人以上の大都市ですが、程よい都会感、と自然が味わえるのはここベルリンだけではないでしょうか。

 

 

他にも挙げたらキリがありませんが以上が私が感じたオススメする理由です。

1年前にベルリンを去ってしまいましたが、今でももう一度住んでみたいと思う街です。

いかがですか?参考にしてもらえれば幸いです^^\