SHIINBLOG

日韓夫婦のきままな海外暮らし

ベルリン→ミュンヘン 現在は韓国ソウルで生活中。海外生活の日常を綴っています。

How to 海外生活 第2弾 意外にも簡単!ドイツワーホリビザの取り方

f:id:komeitanaka2207:20170104121620j:plain

How to 海外生活 第2弾は海外で暮らすためには必要不可欠な『ビザ』について紹介します!
 
そして今回はドイツビザについて紹介します。
まず基本的なことですが日本からドイツへは観光目的であれば連続して90日間の滞在がノービザで認められています。しかしこれはあくまで『観光目的』なので雇用契約や賃貸契約を結ぶことは禁じられています。
 

ドイツで有効なビザって??

現在ドイツでこれらの契約が認められている有効なビザは
 

就労・研修・研究滞在ビザ

ビジネス関連または医師や学者の方が研究・研修に行く際、3ヶ月以上滞在する場合に申請する滞在許可証です。申請時に、会社や病院・研究機関等からの招待状、または受け入れの承諾書が必要です。

 

 

学生ビザ

ドイツの大学および大学院へ留学し、勉強するための滞在許可証です。

ドイツに入国、およびビザの申請時までの留学生の状況によって2種類に分けられます。ビザを申請する際に大学の入学許可証を提示し、卒業までの期間の滞在が許可されます。

 

ワーキングホリデービザ

日本とドイツ両国間の文化交流を目的とされ、ドイツの文化や暮らしを体験できる滞在許可証です。

滞在可能な期間は3ヵ月以上1年以内で、ドイツの様々な職場で働くことができます。しかし、ワーキングホリデービザを申請できるのは1回限り、年齢が18歳〜31歳までの方なので、注意が必要です。

配偶者ビザ

ドイツ国保有者またはドイツ滞在者との結婚および結婚後にドイツに滞在するための滞在許可証です。

申請者本人と配偶者、両方の書類が必要になるので、協力してもらいましょう。

 

 

学生準備ビザ

ビザの申請時にまだ入学許可証を持っていない、もしくはこれから願書を提出し受験する予定の場合は、最長90日間のビザを発行してもらえます。ただし、受験の合否に関わらず一度しか申請できません。

 

 

以上です。もしかしたら他にもあるのかもしれませんがドイツに滞在している日本人は大体この5つのビザのどれかです。
 
そして上記の5つのビザの中でも容易に取得できるのが
 

『ワーキングホリデービザ』

です!いわゆる『ワーホリ』ですね!私達夫婦もこちらを取得してドイツへ行きました。
 
このワーホリビザの取得方法ですが
東京にあるドイツ大使館か大阪にあるドイツ総領事館で本人が申請する必要があります。
ちなみに私は大阪在住だったのでドイツ総領事館で申請しました。

f:id:komeitanaka2207:20151020041804j:image
懐かしのスカイビル!
こちらに総領事館のオフィスがあります
 
ドイツのワーホリビザに関してはドイツ現地で申請することもできるみたいです。ただ語学に自信がない方にとってはかなりの冒険になること間違いなし!笑
 
このワーホリビザを取得すると、特に制限なく(厳密には制限はありますが)働いたり、語学学校に行ったりと自由に現地の生活ができるようになります
 
 

 ワーホリビザの取得方法

まずは申請するための必要な書類を揃えなければいけません
 
1. 記入済みのワーキングホリデー・ビザ申請書1部と誓約書
申請書と誓約書についてはドイツ大使館サイトでダウンロード可
2. パスポート(ビザの有効期限が切れた後、なお3ヶ月以上有効期限の残っているもの)
3. 写真1枚(4.5 x 3.5 cm で写真上の顔の大きさ3.2 cm~3.6 cm)
4. 往復航空券又は予約確認書
5. 2,000EURの預金証明
本人名義の預金通帳で大丈夫です
航空券の予約が片道の場合や、短い期間の往復チケットの場合は、通常の倍額の4,000EURの預金証明が必要になります
6. 滞在予定期間をカバーする保険に入り、保険料が既に払い込まれた証明になるもの
 
 
以上の6点です
何だかややこしいなぁと思うかもしれませんが、面倒なのは保険加入くらいだと思います。資金さえ既にあるのであれば半日もあれば用意できると思います。
※保険に関しては別記事で紹介する予定です。
 
上記の書類を不備なく提出すれば大体1週間以内にビザが発行されます。
私の場合は3日で発行されました(^o^)
ビザ申請が許可されたら大使館から電話がかかってくるので電話番号は確認しておきましょう。
 
これで晴れてドイツ1年間の滞在が可能になります!
ちなみにワーホリビザは取得してから1年間ではなく、入国してから1年間有効のビザですのでお間違いなく!
 
ドイツのワーホリビザは人数制限が無く抽選にもなりません。基本的に上記の書類が揃っていれば発行されます。英語圏ではありませんが教育のレベルが高く、都市部へ行けばほとんどのドイツ人は英語が話せます。
生活水準も世界トップレベルで治安も良いので、海外で暮らしてみたいけどどこがいいかなと迷っている方がいればドイツは間違いなくオススメです!
 
簡単に紹介しましたが参考にして頂ければと思います(^^)/